大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

求人はこちら

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸カメラとは

大腸カメラは、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡(カメラ)を挿入することができる検査機器です。これにより直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べることが可能です。

同検査は、バリウムなど他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化を捉えることができるため、小さなポリープの発見も可能です。

なお、大腸がんの患者さんは、40歳を超えると増え始めますので、その年齢に達した方は、一度大腸カメラによる検査をお受けになることを、お勧めいたします。

ご希望の方には鎮静剤を投与

検査の際、大腸カメラは肛門から曲がりくねった消化管を目指し逆向きに入っていきます。そのため、検査中に腹痛やハリを訴える方が少なくありません。ご希望の方には、鎮静薬を使用して苦痛を軽くするように努めます。

検査時間については、個人差が大きいのですが、多くの方は20~30分で終了します。ただ生検などが必要となった場合は、30分以上かかることもあります。

このほか、検査前には消化管の中をきれいにしておく必要がありますので、下剤を服用していただきます。検査の日時が決まりましたら、検査日までの食事内容や下剤の服用方法について説明させていただきます。

大腸カメラを受けた方がよいとされる方の症状

  • 血便
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重の減少
  • 便潜血反応で「陽性」と出た
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

大腸カメラでの検査・診断が有効とされる主な疾患

  • 大腸ポリープ ・大腸がん ・潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
  • 虚血性腸炎(大腸の血流障害によって大腸粘膜に炎症や潰瘍が生じ、突然の腹痛や下痢、下血をきたす疾患) など

大腸カメラを受ける際の注意点

検査前日
  • ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴやキウイなど種子の多い食品は、検査2日前から控えるようにしてください。
  • 夕食は午後8時頃までに、消化の良いものを軽めに摂り、早めに就寝しましょう。
検査当日
  • 検査が終わるまで、飲食・服薬は禁止です。
  • タバコは吸わないでください。
  • 自動車やバイク、自転車などを自分で運転してのご来院はお控えください。

医院概要

医院名
今井医院
診療科目
内科 消化器内科 整形外科 外科 皮膚科
住所
〒207-0014 東京都東大和市南街5-36-8
最寄駅
西武拝島線 東大和市駅
TEL
042-561-3753
内科系(院長担当)
  • 診療時間
  • 9:00~12:00
    (受付11:30終了)
  • 15:00~18:00
    (受付17:30終了)
外科系(前院長担当)
  • 診療時間
  • 9:00~12:00
    (受付11:30終了)
  • 15:30~18:00
    (受付17:30終了)
  • 15:00~18:00
    (受付17:30終了)
  • 皮膚科専門外来:金曜 15:00~18:00
    担当医師:元災害医療センター皮膚科医長 千葉由幸先生

求人はこちら