予防接種

求人はこちら

予防接種

予防接種とは

予防接種とは

当院では、成人を対象にした予防接種として、インフルエンザ、肺炎球菌のワクチン接種を行っています。

ワクチン接種とは、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することで、その病気に対する免疫をつけるというものです。これにより、特定の病気に感染しにくくするほか、万一その病気になったとしても軽くて済むように行われるものです。

また、個人の病気の重症化を単に防ぐというだけでなく、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。予防接種は「自分のため、そして周囲の方々のため」に受けるのです。

上記以外の予防接種を希望される方は、ご相談ください。インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンについての詳細は以下の通りです。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症がインフルエンザです。
同ウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38度以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。
インフルエンザを予防する有効な手段のひとつに流行前のワクチン接種があります。
毎年少しずつ性質を変えるインフルエンザウイルスは、異なるタイプが流行しますので、それに対抗するためにも、予防接種は毎年行う必要があります。
接種してから効果が出るまでに約2~3週間かかるインフルエンザワクチンですが、その効果は約3~5ヵ月間持続するといわれています。日本の場合、例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行していますので、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいと思われます。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、日本人の死亡原因の第3位を占めており、とくに高齢者や基礎疾患を持っている方などが罹りやすく、しかも治りにくい傾向があります。 肺炎を予防するためにできることの一つが肺炎球菌ワクチンの接種です。肺炎の原因菌で最も多いとみられるのは、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)と言われています。
肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化を防ぎます(※肺炎球菌ワクチンはすべての肺炎を予防できるわけではありませんので、接種をしたといっても、うがい・手洗い・口腔衛生など日常生活上の予防対策は怠らないでください)。
また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

医院概要

医院名
今井医院
診療科目
内科 消化器内科 整形外科 外科 皮膚科
住所
〒207-0014 東京都東大和市南街5-36-8
最寄駅
西武拝島線 東大和市駅
TEL
042-561-3753
内科系(院長担当)
  • 診療時間
  • 9:00~12:00
    (受付11:30終了)
  • 15:00~18:00
    (受付17:30終了)
外科系(前院長担当)
  • 診療時間
  • 9:00~12:00
    (受付11:30終了)
  • 15:30~18:00
    (受付17:30終了)
  • 15:00~18:00
    (受付17:30終了)
  • 皮膚科専門外来:金曜 15:00~18:00
    担当医師:元災害医療センター皮膚科医長 千葉由幸先生

求人はこちら