脂質異常症

求人はこちら

脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症とは

脂質異常症とは、主に血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪など)の濃度が慢性的に高い状態です。

コレステロールは、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料であるなど体に必要なものですが、これが多すぎると動脈硬化を誘発し、少なすぎると免疫力が低下します。ちなみにLDLコレステロールは悪玉コレステロール、HDLコレステロールは善玉コレステロールのことを言います。

放置すると動脈硬化が進行

脂質異常症は自覚症状に乏しく、血液検査や健康診断で指摘されて気づくことがほとんどです。それでも何もしないで放置をすると動脈硬化が進行し、やがて心筋梗塞や脳卒中などの発症原因となります。発症の主な原因は、エネルギー過多な食生活や嗜好品(タバコ・お酒など)の過剰摂取、運動不足などの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

食生活の改善は動脈硬化の進行も防ぐ

治療については、基本的に生活習慣の改善(食事療法)と薬物療法になります。具体的な生活習慣の改善方法としては、栄養バランスのとれた食生活、適正体重を維持するための適度な運動、禁煙などに努めますが、なかでもとくに重要なのが、適切な食生活です。

食事療法はタイプによって異なりますが、高LDLコレステロール血症の方は動物性脂肪を含む食品を減らし、植物性脂肪を含む食品を増やします。また、コレステロールを多く含む食品を減らします。一方、高トリグリセライド血症の人では、糖質の多い食品やお酒を控えるほか、摂取エネルギー(カロリー)を適正にする必要があります。このような食生活の改善は、血中脂質を下げるのはもちろん、動脈硬化の進行防止にも役立ちます。

このような生活習慣の改善でも効果がみられない場合は、コレステロールや中性脂肪を低下させる薬物療法を行います。

医院概要

医院名
今井医院
診療科目
内科 消化器内科 整形外科 外科 皮膚科
住所
〒207-0014 東京都東大和市南街5-36-8
最寄駅
西武拝島線 東大和市駅
TEL
042-561-3753
内科系(院長担当)
  • 診療時間
  • 9:00~12:00
    (受付11:30終了)
  • 15:00~18:00
    (受付17:30終了)
外科系(前院長担当)
  • 診療時間
  • 9:00~12:00
    (受付11:30終了)
  • 15:30~18:00
    (受付17:30終了)
  • 15:00~18:00
    (受付17:30終了)
  • 皮膚科専門外来:金曜 15:00~18:00
    担当医師:元災害医療センター皮膚科医長 千葉由幸先生

求人はこちら